会長挨拶

会長挨拶

人は作業することで元気になれるというのが作業療法の理念です。

熊本県作業療法士会(以下、当士会)は1982年に発足し、1994年に社団法人として認可されました。2013年には一般社団法人へ移行し、会員数も1,232名(平成27年4月1日現在)となっております。
当士会は、リハビリテーション専門職の一員として県民の保健・医療・福祉への寄与及び生活機能の向上への取り組みを目的としております。また学術や技術の研鑽及び質の向上と作業療法の普及・啓発に向けての活動も継続的に実施しております。

作業療法は、「ひとは “作業” をすることで元気になれる」をモットーに対象となる方の可能性を確認し、その方らしい暮らしを創造し、環境への適応を促し、その方の意味ある作業を実践し、暮らしの経過や変化を予測し、その生き活きとした暮らしの継続を目指します。

この場合の“作業”は、

  •  〇 身の回りの作業
  •  〇 家事などの生活を維持するための作業
  •  〇 仕事などの生産的作業
  •  〇 趣味などの余暇的作業
  •  〇 地域活動などの作業

に分けられ、その方にとって、その人らしさを表わす意味のある作業となります。

またその作業を身体の“動く、動かない”だけで考えるのではなく“できるためには”を考え、福祉用具の活用や住環境の調整など “どうすればできるのか”障害や能力に合わせた工夫を行います。 加えて「こころが動けば、からだが動く」と考え対象となる方の主体性を引き出すためには「やる気」を生み出す準備や仕掛けにも工夫を行います。このように一人ひとりのこころとからだと環境に専門職としての創意・工夫を行い、子供から高齢者まで、その方の “作業” を支えるのが作業療法士です。

社会は「地域包括ケアシステム」の構築に向けて動き出しております。これは住まい、生活、保健、医療、福祉、介護が一体になった安心で安全な地域づくりが目標となります。
我々作業療法士は、認知症予防、介護予防等にも積極的に取り組みます。
また関係諸団体と、より一層の連携・協働を図るとともにこれからも県民の健康へ質の高いサービスを提供できるよう、努力していく所存であります。

今後ともご支援ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

  • 会長あいさつ
  • MTDLP
  • 賛助会員紹介

行事予定

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

お問い合わせ

(一社)熊本県作業療法士会
〒861-8045
熊本県熊本市東区小山2丁目25-17 グランレーヴ壱番館103号室

TEL096-389-6780FAX 096-389-6785

ホームページに関する質問、感想又は、掲載希望記事等の各種お問合せはこちらのメールフォームをご利用ください

MTDLP 生活行為向上マネジメント
施設概況調査
ボランティア募集
第15回熊本作業療法学会
保険部質問窓口
作業療法士会ブロック活動
MTDLP 生活行為向上マネジメント
施設概況調査
ボランティア募集
第15回熊本作業療法学会
保険部質問窓口
作業療法士会ブロック活動

PAGETOP